廃車の知識

廃車にいくら掛かるの?

投稿日:

一般的に「廃車」とは、
所有している自動車を「使用済み自動車」として「処理する」ことです。

簡単に言えば、
「もう二度と乗ることのない自動車として処分する」ことです。

  • 事故等で自動車が滅失した場合
  • 動かない車を解体しようとする場合

上記の場合にも、その自動車は「使用済み自動車」として「処理」しなければなりません。

廃車に掛かる費用とは?

自動車を「廃車」にするためには、一定の手続き(処理)が必要です。

【廃車にするための手続き】

  1. 引取り業者に自動車を渡す
  2. リサイクル料金を支払う
  3. 永久抹消登録を行う

それぞれの手続きには、諸費用が掛かります。
各費用については、業者毎、自動車毎に金額が異なります。

実際には、「引取り業者に支払う費用」によって、大きな差が出るようです。

【標準的な諸費用】

  1. 取り業者に支払う費用
  2. サイクル料金
  3. 久抹消登録に掛かる費用

※以下、標準的な金額を掲載しています。

お金をかけずに廃車にしたい方はコチラ

引取り業者に支払う費用とは?

新車・中古車販売店、整備業者、解体業者等が定める費用のことです。
一般的には、数千円~数万円程度が相場です。

お金をかけずに廃車にしたい方はコチラ

リサイクル料金とは?

公益財団法人 自動車リサイクル促進センターに支払う費用のことです。

2005年「自動車リサイクル法」が施行されてから、自動車所有者が負担をすることになっています。

軽自動車で7,000円~16,000円
普通自動車で10,000円~18,000円程度が相場です。

ただし、車種や車の装備によっても異なるため、一定額ではありません。

詳しくは、各自動車メーカーに問い合わせる必要があります。

永久抹消登録に掛かる費用とは?

「永久抹消登録」を行うとき、運輸局または自動車検査登録事務所に支払う費用のことです。

事務手数料として、350円(印紙代)が掛かります。
その他に、申請書代(約100円)、印鑑証明書発行費用なども必要です。

手間なく簡単に廃車にしたい方はコチラ

【関連記事】

>>抹消登録に必要な書類

-廃車の知識

Copyright© 【廃車にするのは絶対損!】 車検切れの車・どんな車でも高く売れる! , 2019 All Rights Reserved.