廃車の知識

海外の部品販売に利用

投稿日:

廃車買取後、車本体が、使い物にならないのであれば、部品単位に分解して、国内で販売するという流れになることは、『国内の部品販売に利用』既に学んだとおりです。

しかし、車やバイクの部品のニーズは、国内にしかないというわけではありません。
国内のみならず、海外にも需要があるのです。日本車は海外では良質なものとみなされていますから、部品も良質なものとみなされるのです。ここでは、海外の部品販売という点に焦点を当ててお話します。

海外での部品販売ですが、解体のタイミングは基本的に輸出前に行われます。
日本で車を解体して、部品単位に分解し、その後海外を対象に部品を販売するのです。海外に輸出されてから解体を本格的に行うと、これだけで非常に面倒なので、先に日本で解体してしまうのです。部品単位にバラバラにしたら、例のように使える部品かどうか判断し、使える部品の中で海外で需要があるものをピックアップします。
もしくは、どの部品が海外で需要が高いのか分からない場合は、一度イーベイなどの海外のオークションに出品します。イーベイであれば、アメリカのみならず、世界中の方々が参加しているオークションですから、これだけ多くの世界の人たちをターゲットに販売ができるのです。日本のみだと市場が限られてしまいますが、海外も視野に入れれば、一気に販売のチャンスが広がります。世界の多くの国で、日本産と言うだけで特別な目で見ますから、日本産の車やバイクの良さをアピールできるチャンスでもあるのです。

高価買取を行っている廃車買取業者はコチラ

-廃車の知識

Copyright© 【廃車にするのは絶対損!】 車検切れの車・どんな車でも高く売れる! , 2019 All Rights Reserved.