廃車の知識

車検が切れている車の処分の仕方は?

投稿日:

車検切れの車の処分の仕方

車検切れの車の処分の仕方には、以下のようなものがあります。

  1. 廃車にする
  2. 中古車として売却する

ただし、いずれの場合にも、通常の車(車検が切れていない車)に比べ、不利になるケースが多いのが現状です。

 

お金をかけずに廃車にしたい方はコチラ

 

廃車にするときの注意点

車検切れの車の処分の仕方として、「廃車」にするという方法があります。

ただし、「車検切れ」になった車を廃車にする場合、「車検切れ」の車を運ぶ手段の確保が必要です。

  • 他の自動車に積載する
  • 仮ナンバーを取得する

上記いずれかの方法です。

「他の自動車に積載する」場合には、引取業者に対し、引取手数料を支払います。

「仮ナンバーを取得する」場合には、申請の際、手数料(750円)が必要です。

なお、仮ナンバーの申請は、各市区町村での窓口で行います。

※上記いずれかの方法で引取業者に車を運んだ後は、通常の廃車手続きと同じです。

廃車にかかる自動車税等の還付

車検切れの車の場合、廃車後の自動車重量税の還付手続きは不要です。

通常、自動車検査(車検)を行うとき、自動車重量税の支払いを行う場合がほとんどだからです。

なお、車検が切れていても、抹消登録をしてない車に対しては、自動車税が課税されます。

そのため、自動車税の還付申請については、確認することが必要です。

中古車として売却するときの注意点

車検切れの車の処分の仕方には、「中古車」として売却するという方法もあります。

なお、中古車として売却するときには、「リサイクル料金相当額」を受け取ることができます。

通常、リサイクル料金は、車の購入時に支払います。

ですが、リサイクル料金は、車の最終所有者が負担するということになっています。

そのため、中古車として次の所有者に引き渡すときには、その金額相当分を受け取ることができるのです。

ちなみに、車検切れの車の買取査定額は、通常よりも大幅に低くなるのが一般的です。

 

愛車を少しでも高く売りたい方はコチラ

-廃車の知識

Copyright© 【廃車にするのは絶対損!】 車検切れの車・どんな車でも高く売れる! , 2019 All Rights Reserved.